サイトメニュー

ボトックス注射とは?

看護婦

そもそもボトックスとは一体なんなのか

プチ整形の代表として名高い「ボトックス」ですが、実際にはどのような成分を使用しているのか、どのように施術するのかが見えてこないと不安ですよね。
「ボトックス」というのは、「ボツリヌス菌」という毒素から作られた「毒素製剤」のことです。ボツリヌス菌は自然界の中で最も強いと言われることがあり、食中毒を引き起こす毒として知られています。場合によっては死に至らしめる猛毒になっており、「そんな毒を身体に入れても大丈夫なの?」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。しかし、美容の目的でボトックスに使用されている毒素は、有毒性を取り除いている成分なので安全です。筋肉に注射することで、軽い麻痺を引き起こす程度の効果になっています。
またボトックスは、美容外科クリニック以外の病院でも実際に使用されています。例を挙げると、「顔面神経痛」や「痙縮(けいしゅく)」の症状を抑えるために使用される治療薬で、筋肉のこわばりなどが原因で引きおこる病気の症状を改善するために医療面でも使用され、活躍しているのです。
ボトックスはメスを使用した大掛かりな手術を必要としません。切開や縫合などは一切せず、施術方法は注射のみです。ボトックスの濃度や量に気を付けながら、筋肉のバランスを見て、個人に合った適量を注射することで、筋肉の緊張がほぐれ、エラ痩せやしわ取りなどの効果が得られます。施術によって傷が残ることはほとんどなく、ダウンタイムもさほど必要としないので、体にかかる負担も少なくて済みます。さらに、ボトックスはワキガや多汗症にも効果が得られますし、女性だけではなく、男性のコンプレックス解消にも多く役立っているんですよ。

Copyright© 2019 プチ整形代表のボトックスエラ痩せとは!? All Rights Reserved.